「生命尊重の日」特別週間 無料電話相談「妊娠SOSほっとライン」

※特別週間の無料電話相談は終了いたしました。
従来からの相談は受け付けております。詳しくは下記ポスターをご覧ください。
この度、より多くの妊婦さんに周知するため、「生命尊重の日」 特別週間として無料電話相談「妊娠SOSほっとライン」を開設します。 被災地の妊婦さんを含めて、社会の中で孤立し、相談や支援を必要としている 妊婦さんに届くことを願っています。

実施日:7月13日(水)〜17日(日)
0120−885−309
   (ははこサンキュー)

相談員:助産師、カウンセラー
目的:母子の生命保護を目的として、産むかどうか悩む女性の相談に乗ります。 場合によっては社会的支援(円ブリオ基金による出産費・検診費の 不足分支援)を行い、赤ちゃん誕生を応援します。

妊娠SOSホッとラインのポスター

相談で救える命があります

妊娠SOSほっとラインは、思わぬ妊娠に驚き、 ひとりで葛藤する女性のための匿名の電話相談です。 いのちの会のメンバーが窓口となり、 それぞれの専門の相談員が支援にあたります。

妊娠SOSホッとラインのポスター

いのちに気づいた時、すぐご相談ください。


NPO法人円ブリオ基金センター

0120‐70‐8852(ははこに)
       受付時間(火曜日・木曜日)  10:00〜16:00

京都窓口


0120−885−309(ははこサンキュー)
      受付(木曜日)
075−253−6180
      受付(火曜日・金曜日)9:15〜13:15 14:00〜16:00 

円ブリオ基金の申し込みに必要なもの